ドイツで餅を作る

Moin!

皆さん、新年が近づき、日本人としてはあるものが欲しくなります。

です。

我が家には日本から持ってきたホームベーカリーがあり、餅を作る機能があるので今回試してみました。

購入したもち米はこちら

そうです。インディカのもち米です。

分量は説明書通りにして早速調理。

出来上がりはこちら。

全く普通の餅が出来上がりました。

アジアンスーパーなどで手ごろに手に入りますのでお試しあれ。

追記

ドイツのスーパーではMochi Reissモチライスなるものが売られています。

これは玄米のものしか見つかりませんでしたが、精米されているものでしたらそちらでも大丈夫かもしれません。当初、玄米バージョンで餅を作ってみたところ見事失敗してしまいました・・・・

韓国版ボ⚪カレー、オットギ3分カレーなるもの

Moin!
皆さん、これなんだかわかりますよね。
レトルトカレーです。
こちらドイツでは韓国のものが日本のものより格安で手に入ります。
韓国の食材は共通点が多く、日本食を作る上でも重宝しますが、
お菓子やレトルト食品もなかなか良いのでお薦めです。
なかでもこのオットギ3分カレーは味がボ⚪カレーのようで違和感ありません。
値段的にも1.5EUROほどで日本のものの半額以下。
お試しあれ。
Aufwedersehen!

ドイツにおける薄力粉、強力粉の見分け方

Moin!
ドイツに日本のホームベーカリーを持参し自宅でパンを焼いてるのですが、ドイツで売っている強力粉が550という数字のものだと聞き、試してみたところ、パンの具合が日本のと何か違うため調べて見ました。
実はこの数字、ミネラル含有量の違いで日本の薄力粉、強力粉のようにたんぱく質含有量の違いではありません。
日本の薄力粉はたんぱく質が6.5〜8.8%、強力粉が11〜13%、
中力粉は8〜9.5%となっています。
例えばよく安く見かけるJaブランドの405小麦粉はたんぱく質10.6%、限りなく強力粉のたんぱく質量に近いです。
REWEブランドの405では12%近く、また別の550小麦粉は11%と数字では薄力粉と強力粉の区分けをすることが困難です。
もし、ドイツのスーパーで小麦粉を買う場合、たんぱく質Eiweiss の量を見てから決めましょう!
それでは!
Aufwedersehen!

圧力鍋とオーブンで自家製納豆完成!

Moin!
先日、日本から調理器具類が届きました。
その中には圧力鍋もあり、
これで念願の納豆を自宅で作れるようになりました。
私の娘は離乳食のころから納豆を食べており、本当に本当に納豆が好きです。
ところが、ドイツのアジアンスーパーでは日本の倍以上の値段がします。
材料の大豆自体は安く買えるので自分で作ったほうが格段に安いのです。
材料は
大豆 400g
元となる納豆少し
手順は
大豆を一晩水につけて戻す。
圧力鍋で45分ほど圧力。
柔らかめに煮ます。
元となる納豆に熱湯をかけて雑菌を殺し、そのままお湯ごと煮た大豆と混ぜ合わせます。
トレーに並べてオーブンを40℃にキープ、お湯をはった茶碗をおき、そのまま20時間です。
完成したら冷蔵庫に2日ほど寝せてください。
果たして味は、、、
ではまた。

ドイツ料理!

Moin!
日本はもう真夜中ですね。
今日はドイツ料理、Rahmspinat なるものを作って茹でたじゃがいもKartoffelと付け合わせてみました。
ご存知の通りドイツ料理ですが、、、
芋だらけ
です(笑)
実はさつまいもSüßkartoffelもあります。
こちらはオーブンで焼き上げると焼き芋のような味になります。
しかし、水分が多く、香りも華やかで日本のものとは少し違います。
こちらの芋類の調理方法はハーブ類をかけたりするのでそのようなほうが合うのかもしれませんね。
それではまた!