ドイツのトイレに日本製ウォシュレットを取り付け

Moin!

今回はタイトルにあるようにドイツのトイレに日本製ウォシュレットの取り付けについてご紹介します。

実は、引っ越しの際に日本から長年使っていたTOTO製のウォシュレットを船便で持ってきました。

うまく取り付けできるか不安でしたが、写真にもあるように無事取り付け可能です。

ただし、

1.取り付け台座プレートのボルト穴の位置が違うため、カッターやペンチなどで加工が必要。

2.水栓の引き出し方法、電源トランスの確保が必要。

です。

1.は現場で適当に合わせれば大丈夫だと思いますが、問題は2です。

1枚目の写真のように今回は水を流す壁面に埋め込まれたタンク部位から分岐させてフレキホースを取り出しました。

水栓のインチサイズは日本と同じ規格ですが、サイズが違います。

水栓のサイズには

3/8インチ(約15cm)、1/2インチ(約19cm)、3/4インチ(約25cm)があります。

ドイツの洗濯機や食洗器では3/4インチが使われており、洗濯機用の分岐は3/4インチでした。

今回のタンク部位の水栓では3/8インチでしたが、ウォシュレット側は1/2インチだったため、フレキホースには3/8-1/2インチの物を用意、分岐は3/8インチで統一しました。

ただし、タンクのプラスチック部位には最低限ホースを通す加工が必要でした。ただドイツでも原状復帰義務がありますので、原状復帰可能な程度の加工をお勧めいたします。

今回は、隙間を作る程度の細工にとどめました。

それではまた!

Auf wiedersehen!

追記

日本の便座には縦長のエロンゲートタイプ(470mm)と標準タイプ(440mm)があります。

ドイツの便座は標準便座に近い長さ(約435mmくらい)のため、日本から持って来る場合、標準タイプのほうがフィットすると思います。

また、ワット数の小さい貯湯式にして500w程度のダウントランスを用意したほうが費用面でも安く済みます。

追記2

ドイツの通販サイトでドイツ製の格安ウォシュレットを見つけました。

なんど170€。。。。これを付けた方が手っ取り早いかも。

師匠の演奏会へ Mendelssohn Paulus

 

Moin!
先日の土曜日、こちらで師事しているテノールの師匠の演奏会へと出かけてきました。
場所はハンブルグ市役所Rathaus近くのSt.Petri 教会。
演目は、私にとって思い出深いMendelssohn  Paulus でした。
実はこの演目は、私が芸大の学部時代に合唱定期演奏会で合唱として歌いとても気に入った思い出のある曲なのです。
合唱はユダヤの民衆やキリスト教信者の声、そのほかコラールを歌っているのですが、本当にドラマティックな役割を与えられています。
今回はSt.PetriのBachchor が合唱を歌っていましたがレベルが中々高くて感動しました。
我が師匠も、ドラマを繋ぐレチタティーフの息づかいの巧さ、フレーズ感、佇まいが本当に素晴らしく、参考になることばかりでした。
あぁ、またこの作品を歌いたいと思わせる演奏会でした。

圧力鍋とオーブンで自家製納豆完成!

Moin!
先日、日本から調理器具類が届きました。
その中には圧力鍋もあり、
これで念願の納豆を自宅で作れるようになりました。
私の娘は離乳食のころから納豆を食べており、本当に本当に納豆が好きです。
ところが、ドイツのアジアンスーパーでは日本の倍以上の値段がします。
材料の大豆自体は安く買えるので自分で作ったほうが格段に安いのです。
材料は
大豆 400g
元となる納豆少し
手順は
大豆を一晩水につけて戻す。
圧力鍋で45分ほど圧力。
柔らかめに煮ます。
元となる納豆に熱湯をかけて雑菌を殺し、そのままお湯ごと煮た大豆と混ぜ合わせます。
トレーに並べてオーブンを40℃にキープ、お湯をはった茶碗をおき、そのまま20時間です。
完成したら冷蔵庫に2日ほど寝せてください。
果たして味は、、、
ではまた。

ドイツ料理!

Moin!
日本はもう真夜中ですね。
今日はドイツ料理、Rahmspinat なるものを作って茹でたじゃがいもKartoffelと付け合わせてみました。
ご存知の通りドイツ料理ですが、、、
芋だらけ
です(笑)
実はさつまいもSüßkartoffelもあります。
こちらはオーブンで焼き上げると焼き芋のような味になります。
しかし、水分が多く、香りも華やかで日本のものとは少し違います。
こちらの芋類の調理方法はハーブ類をかけたりするのでそのようなほうが合うのかもしれませんね。
それではまた!