発声法・歌唱法の本 フースラー著「うたうこと」

Moin!

皆さんこんにちは。

師匠から言われた呼吸法の内容を見返すために、

以前購入してからドイツに持参した

フレデリック・フースラー著「うたうこと」(原題Singen)

を読み直してみました。

こちら原著がドイツ語となっており、解剖学・生理学の面から歌唱法について解説されています。

(この本の内容に触れられている記事を見つけました。こちら

内容的には、

声帯周りの筋肉群、歌唱時の呼吸筋の動きの解説

歌唱は様々な拮抗する筋肉群のバランスで成り立っていること

歌手や声楽教師が陥りやすい点

などが書かれています。

意識的に行うことがこの自然な筋肉の拮抗を崩してしまい、破綻をきたすということが書かれていることを見つけ、師匠の言っている内容との合致しており色々と納得することができました。

自分も経験がありますが、意識的に何かをしようとした瞬間に体は破綻します。

例えば、息が足りないから吸わなければいけない、音色を作らなければいけない、などなど。

呼気の際、吸気の筋肉群(肋骨のサイド、側腹)を吸気の時と同じようにしたまま吐き切れば、筋肉の拮抗状態から勝手に(無意識に)吸気がされるのですが、これを意識で無理やり吸おうとした場合、固くなってしまいます。

音色や響きについても同様、感情が伴った時の呼吸で自然に音色は変わるのに、それを人為的にやろうとするあまり、筋肉のバランスが崩れ固くなる・・・

この呼吸法については La lotta vocale 声の闘争 として様々な書籍、また数年前にテレビで放映されていたバーバラ・ボニー氏のスーパーオペラレッスンでも取り上げられていました。

しかし、世の中見渡すと、息が足りなくなると「もっと吸いなさい」「支えなさい」 「響きをもっと」などなど、このような指示を指導で受けることが多いのではないでしょうか?無意識を無理やり意識でやらせるように導くと失敗を招きます。

フースラー氏もこのような、声楽教師側(さらには耳鼻咽喉科の医師まで)の認識不足についても指摘があります。

良い声楽教師とは、問題点を指摘するだけではなく、知識を基に問題を解決に導く能力や術を持っている人なのでしょう。

皆さんもそんなよい先生と出会えますように。

では。

Auf wiedersehen!

ドイツの幼稚園での誕生会

Moin!
皆さんこんにちは。
今日は娘の誕生日なので幼稚園で誕生会がありました。
実はドイツの幼稚園では親が誕生会のケーキを用意しなければなりません。
なんと、
合計20個!
Moin!
皆さんこんにちは。
今日は娘の誕生日なので幼稚園で誕生会がありました。
実はドイツの幼稚園では親が誕生会のケーキを用意しなければなりません。
なんと、
合計20個!

ハンブルグ大学と仏教

Moin!

皆さまこんにちは。

実は年末、ハンブルグ大学のアジアアフリカ研究所で人類学関係の研究をされている日本人家族の方を自宅に招待いたしました。

以前、インド方面で研究をされていたそうで、仏教のことや密教の翻訳のことなど多岐に渡って面白いお話をお聞きすることができました。

実は、ハンブルグ大学、仏教の研究ではかなりが歴史があるそうです。

なんとなく、ドイツの哲学者の考えは仏教の教えに近いものがある、と思っていましたが、東洋の思想に関する研究から影響を受けた思想家がかなりいるということなのかもしれません。

お話の中で、ブッタは弟子に直接経典を残さず、それぞれの弟子の問いに答える形でのみ教えを説いた、そしてそれぞれの一人ひとりに合う教えはそれぞれ異なるので唯一の経典のようなものは残せなかったとのこと。後世に残っている経典は弟子が書いたものですね。

これはキリスト教にも通じます。それぞれの弟子がイエスの弟子との会話や行動をまとめたものが福音書として編纂され、聖書としてまとめられました。

文字にしてしまうと自分の真意が伝わらない。

対話によって解を導き出す。

一神教の場合は、神と対話

(カトリックのミサに出席して思いましたが、司祭の言葉に会衆が応じて聖句を唱える、もしくは讃美歌を歌う、この流れは確かに対話。)

仏教の場合は、お経の唸るようなカオスな音響の中で鐘の音で内との対話

娘の幼稚園にも関係が深い思想家ルドルフ・シュタイナーは人間一人ひとりの内側に神性が宿っていると考えたそうです。この考えは、キリスト教、仏教、どちらの影響も受けているかもしれませんね。

今回の出会い、クリスマスの後ということもあって哲学や思想、宗教などに考えを巡らせる良い機会になりました。

では。

Auf wiedersehen!

呼吸法とエンジンのクランクは似てる!

Moin!
最近、ふとあることに気がつきました。
呼吸法とクルマのエンジンが似ている、
ということです。
まず、クランクというのはピストン運動を回転運動に変える機構のことなのですが、一つ重要な点があります。
それは
死点
があること。
これは回転力がなくなるポイントのことで、クルマのクランクではフライホイールという部品で慣性力によって回避しています。
人間の呼吸も、吸気排気に応じて横隔膜が上下運動しています。
さらに偶然なのか音楽の拍感も円運動と形容されることもあります。
私は同様に、この人間の横隔膜の上下運動にも運動エネルギーのなくなる死点があり、それが歌唱の際に呼吸の妨げになっているということがあるのではないかと思っています。
歌では特に歌い出し(伊atacco、独einsatz )が問題になります。
ブレスを取って歌い出そうと思っても、吸いきって死点になっていてはエネルギーがありません。そうなるとは意識的に力技でやるしかなくなり、不要な硬さの原因になります。
それを避けるためにこのような死点の手前で歌い出す必要がありますが、これを意識でやるには非常に難しい。なかなかできないのです。
クルマのエンジンはピストン運動によって“勝手“に吸気と排気が繰り返されます。
人間も同様に普段は無意識に繰り返していますよね。
歌唱時の吸気を無意識にやるにはどうすればよいか。
師匠のアドバイスで気がつきました
排気の反動で吸気する
(まさに反動=フライホイールの慣性のようですね)
吸気の量は排気の仕方で調整する
こうすれば勝手に吸気に入ったところで歌い出せば良いので、死点が回避できます。
ところで、皆さん、合唱などやられている方で軟口蓋を上げろ、と言われたことはありませんか?
どの本に記載されていたか定かではありませんが、軟口蓋はあくびなど吸気動作の際に上がります。
歌唱は排気状態にあるので、そこで上げろと言われても上がりません。
上記の方法では、共鳴腔が広がる吸気状態から勝手に歌い出すことができるので響きという点でも利点があるかと思います。
ところで昔の20世紀初頭の歌手のエピソードで、呼吸法だけで五年間費やした、というのを聞いたことがあります。
それくらい大事なことなのです。が現代ではそこまで時間をかけることができないように思います…
歌唱には歌い出し以外にも技術的なハードルはもっと沢山ありますがそれはまたの機会に。
いやはや歌はスポーツ同様、無意識を意識的にコントロールする非常に難しい分野です。
その難しさと極めた人の神々しさを実感します。
正に神の域。
古くから芸術は神への捧げもの、神との対話などとされてきましたが、よくわかる気がします。
ではまた。
Aufwedersehen!

Frohes Neues Jahr 明けましておめでとうございます

Frohes  Neues Jahr!
皆さん、明けましておめでとうございます。
昨年は、
年明けに芸大同期の演奏会に出演後、再びドイツに戻り、マスタークラスを受けたり、ドイツの音大を受験し落ちたり、滑り込みでなんとか今の音楽院に入れたり、ドイツへ引っ越ししたり、何かと大変な一年間でした。
ドイツの音大受験に関しては、皆さんの参考になるようにまた別の記事で詳しく経緯を書きたいと思います。
今年は、音楽院関係の演奏会やクラスの演奏会、演奏旅行、以前住んでいた小田原でのコンサート、などが続きます。
また、ドイツや周辺国の年齢制限が緩いコンクールなどにも応募してみようと思います。
今の音楽院での師匠は、呼吸法について、固くなりがちな私の呼吸の解決法を示してくれるので、今まで力任せになってた部分を改善できるのではないかと感じています。(発想の転換が必要でした。それについてもまた記事にしたいと思います。)
論理的、且つ実践的に示して下さるので頭でも体でも理解がしやすく、本当に良い先生に巡り会うことができたと思ってます。
また我が師匠のレパートリーもまさにこれから自分が勉強していきたいものばかり。良い出会いに感謝です。
今年の誕生日で、25歳で音大の学部に入り、声楽を本格的に勉強し始めてからもうそろそろ10年がたちます。芸事は10年単位でかかるものだと、亡くなった祖母が北島三郎さんの受け売りで私に言っていたことを思い出します。
元来理屈屋の私は体で感覚を掴むというのがどうも不器用で、技術面で悩みながら、様々な本を読み、また色んな先生のレッスンを聴講したり、マスタークラスを受けたり
最近はふと練習していて、この感覚はあのときこの先生が言っていたあのことか、あの本のこの部分のことか、など気づくことがあります。
すべての経験には無駄はない。
それでも、やはり色んな声楽コンクールなどの年齢制限をみると32~34歳くらいが多いので、高校卒業後に音大に入っていればもっと勉強できるチャンスがあったのでは、などなど後悔もあります。
それでも世の中探せば30歳過ぎてからオペラを勉強してデビューするような才能豊かな強者もいるので、年齢だけではない要素もあります…
自分は自分のやり方で歌の道のりの答にたどり着くしかありません。
たえよ、たえしのべ!
Geduld Geduld!
これは私の好きなバッハのマタイ受難曲のテノールアリアなのですが、伴奏のチェロは重い十字架を背負って鞭打たれながらゴルゴダの丘まで歩いているイエスを描写しているように聞こえるのです。
歌の道のりも同様、社会の様々なプレッシャーに鞭打たれ、責任Schuldにたえながらも歩まなければなりません。
さらに忍耐強くより答に近づけるように頑張っていきます。
Aufwedersehen!