北海に浮かぶ島 Norderneyへのクラス旅行

Moin!

4泊5日ほど、先日まで北海に浮かぶNorderneyという小島へ先生のマスタークラス兼コンサートのためにクラス旅行に行ってきました。

ハンブルグから4時間ほどかかりました・・・・遠い。

こんな風にフェリーで乗っていきます。

天気にも恵まれ、滞在期間中は25度以上、南国の島のようでした。

とにかく夕日がきれいでした。

レッスン最終日では、アドリブで曲の内容とは違う何かの役をやりながら歌うということをしながら、地元の新聞に写真をとられ・・・

なんというか間抜けな姿です・・・・

町の人々ものんびりと生活していて、皆暖かく、とても雰囲気のよい島でした。

機会があれば、個人的にまた訪れたいと思いました。

しかし、普段は日本食を自宅で調理して食べていますが、学生向けの少年自然の家のような宿泊施設に泊まり、毎日3食ドイツ料理。

幼稚園で慣れないドイツ料理を食べさせられる娘の気持ちがようやくわかりました( ´艸`)

ではでは。

Aufwiedersehen!

アンサンブルと移動ド

Moin!!

皆さんこんにちは!

最近入りました1人1パートのアンサンブル、長らくこういうアンサンブルをやってみたかったので、とても嬉しいです。
アンサンブルでは主に、ルネサンスからバロックの作品を扱っています。これらの時代は調号は多くても3つ。

そんなときに強いのが移動ド。

ほぼ初見でアンサンブルのテノールを歌うのは、聴音でもテノールを聞き取れない私には難しいのですが(笑)、最近試みてるのが移動ドで初見をするということ。

長年やってきた固定ドが染みついているので、たまに間違ってしまいますが(汗)

しかし、トライしてみて発見しましたが、調の主音からの三度、五度が(+七度)わかれば、移動ドも比較的スムーズ読み取れに、そして和声進行や自分の和声内での位置も読み取りやすいです。

まだまだ自分にとって課題がある移動ド唱法ですが、トライし続けてみます。

では。

Aufwiedersehen!

庭の土曜日?!Gartensamstag im Kindergarten

Moin!!

皆さんこんにちは!

日本での一時帰国後、近所の教会のマタイ受難曲の合唱に強硬的に参加し、譜読みに追われたり、またテノールがいないとコンセに張り紙があったので、1パート1人の小さなルネッサンスからバロックの作品を扱うアンサンブルに参加したり、春から少し慌ただしくなってきております。

ところで先日、娘の幼稚園で「庭の土曜日」“Gartensamstag“というイベントがありました。

写真を撮る暇がなかったのがとても残念ですが、どういうことをするかというと

みんなで幼稚園の庭仕事、古い植物の入れ替え、草むしり、落ち葉集め、剪定などをして、お昼に庭で持ち寄った料理やお菓子を食べるというものでした。

ドイツの料理は日本人の口に合わない非常に濃いものが多いですが、お菓子は別。

他の保護者の方が作ってくださったチョコレートケーキ、レーズンケーキ、カスタードプリン?のようなケーキ、めちゃくちゃおいしかったです。

ではでは。

Aufwiedersehen!