師匠の演奏会へ Mendelssohn Paulus

 

Moin!
先日の土曜日、こちらで師事しているテノールの師匠の演奏会へと出かけてきました。
場所はハンブルグ市役所Rathaus近くのSt.Petri 教会。
演目は、私にとって思い出深いMendelssohn  Paulus でした。
実はこの演目は、私が芸大の学部時代に合唱定期演奏会で合唱として歌いとても気に入った思い出のある曲なのです。
合唱はユダヤの民衆やキリスト教信者の声、そのほかコラールを歌っているのですが、本当にドラマティックな役割を与えられています。
今回はSt.PetriのBachchor が合唱を歌っていましたがレベルが中々高くて感動しました。
我が師匠も、ドラマを繋ぐレチタティーフの息づかいの巧さ、フレーズ感、佇まいが本当に素晴らしく、参考になることばかりでした。
あぁ、またこの作品を歌いたいと思わせる演奏会でした。

Schreibe einen Kommentar

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht. Erforderliche Felder sind mit * markiert.